王二に足を植える(二)

小能便言いつけ王二:“あなたは帰りましょう、私達はおいしい鶏。」。」王二はチキン供桌に置いて、またいくつかの頭を打つ、
「私は帰りました。足が、私は古い本職にして、今後もどうぞ手伝って二位を守って、私は商売繁盛。手に成功。」小聖疑感道:“あなたは一体何の商売ですか?」が話しているほか、廟を唱える人が「二位土地爺、ゆっくり食べて鶏!」ぜんそく口に駆けてきた一人の農婦が彼女をつかまえる王二、神像前に訴える「あなたこの人賊の中断足が生えて、今また足を盗んで、私の鶏!」まさかこんなない王二のように。しないことを盗んだ鶏、本当に行く人。幸いにも恥か……神像のパッケージ。
あの農婦接者泣きつく道:「二位土地爺腕大。まだ私の代わりにニワトリをが生きましょう、私はそれらの卵で両替だろう。」
小聖と小さいがまた馬鹿になって、焼いた鶏が卵を産み出して、これは困りますよ。
農婦しばらく待つと、見えない話題は怒って起き上がり、罵倒土地爺:「ふん、あなた達と賊骨のように、ただあなたありがとう!私を隣に小さな狐仙。」
農婦2匹のチキンといえば、ぷんぷん怒るに歩いた。
もう会い廟は他にいない。小さいから聖と小さい神像のパッケージにはねのけて。
精巧な三姉妹がどのようにこの2匹のチキン、小兄弟二人が知りたい。
小聖「私たちは変わって、隣を見て。」すると小さい聖にになって、小さい編コウモリ雀に飛んで入って、そっと玲瓏祠、止まって屋梁上から見る。
もう農婦そうに手をたたいて、両手はチキンは地の上で回転して輪踊り、
「でも」と思っても農婦満たさないで、またに精巧な三姉妹の像を拝んで「鶏に毛はないみっともなくて、最高の・・・・・・1
像に発話「二つ毛箒を探して。」
農婦が飛び出し、しばらくしてまた走って戻ってきて「毛箒を探して来て。」

王二に足を植える(一)

小聖言いつけ王二:これで穴を掘ってをシャベル。」
王二シャベル、困って「私のこの行をしなかった、こいつ。それに、私は足がない・・・・・・」
小聖「ないのなら足たいな穴を掘る。」「あの、私を、私を掘る。」小さな穴を掘った王二。小聖不満が「もっと深く掘りいくつか!」王二また上を掘り下げしかないですが、そして、「今回はいいのでしょう?」
聞くだけ小さい聖「王二、あなたはすぐに登って入って穴の中で、自分を埋めて。」
「何?!」王二思わず叫んだと、「これは何だろうと私と、木を植えるように?」塑像がちゃん二人の笑い声で木を植え、足は種!」王二ぐずぐずしている自分を埋めて、頭だけ出して。聞くだけ二人の小さい土地爺どっと念道:
長くないサツマイモ、サツマイモ、
生え両足がよい歩き出す。
王二に叫びます:“足根が張ってあるように発熱し、2つの虎外に登る!」
聞いても念道:
長くない生姜、大根、
二匹の足が生えて歩きやすい。
あの王二三2の下をほこりスーと穴の外から――彼も踊ることができて、彼は足とか!
彼はその杖は王二を担いで外へ走って、走りながら振り返る挨拶:「私を送ってすぐ鶏」
まもなく、王二帰ってきて、頭上の大皿、お皿に置いて二匹のチキン。
王二脆下:“これは私の杖鶏で焼いて、二位土地爺を食べてみてください。」
鶏が焼けて熱い、香り直朝神像にドリル。

北斗医経(七)

それを抱き農婦がとても感謝する、1対の鶏を出たばかりの精巧な祠、また一つ村漢急いで走ってくる、口を叫ぶ:“球南山大火になる、求三姉妹降雨消火!」小聖で、ひっそりとは小さいが、「ひどい、何もこっちに走れ!」「そうだよ」が同調し、「彼女だけは雨が降るらしい。」「良い」小聖の炉忌ばかりしてきた「ね、と彼女はこの雨を聞いて、誰の言葉」偽スズメと偽コウモリそっと飛び出し玲瓏祠、現本相。小圣带ちゃんが打ち上げて。小さいが、「どこへ行くの?」
小聖も応対し、ひたすらは四方によく眺める。小はまた聞く:“何を見て」、「東小聖来ました!」
「東海方向から雲が漂ってきて、すぐ目の前に来て、雲に駕するのは雄々しく勇ましいの小さな白竜太子。
小聖真正面から挨拶道:“小さい白竜は雨が降るのでしょうか?」
小白竜「ええ、さっき1位の仙家召喚。は南山出火、だけが救助に駆けつけた。」
この時二郎神楊戬はちょうどに通って、彼は一番好きですが人の話を聞いて、先にだがかかると身の回りの雲が、良い自分を遮り、ちぎってかかると頭の上の耳は、良いのをはたして・・・・・・
聞くだけを孙小圣と精巧な三姉妹で兆し」のことで、小さい白竜話した:”私はみんなに見てもらい、私達の腕よりも小さい我大!」
一番小さい白竜義理堅い、友だちを抜いた彼の角彼もやるので、口を約束して、「いいでしょう、私はあなた達の号令を聞いてもう雨。」
あの楊戬ほくそ笑む道:“哈、にぎやかな場!」
前回と李天王抑えて竜門に簡単にジャッキー・チェンの鯉竜鱗金達したかと思うと、小聖、小が掲載した醜、誓って計算してさんざんこの2つの小さい子、今日チャンスが来た。
それに玲瓏球を雨乞い、やるだけはやったのだ、この念も読み上げたのに、雨、星も落ちなかった。焦って彼女に登って祠外の大木を眺めながら空、心喃ぐ:「どう物音一つもないですか?」
天上の飛来2雲、またたく間に聞いて、小さい聖と小に来て三姉妹の前に。
小聖嘲笑に聞きます:“あなたの雨は?いっそあなたが泣く、涙で火だろう。あなたに教えて、いつ雨が私達の言った通りにする!」
そのときすでにそっと楊戬から運んで来瑶池カツ団子のラード鼎「ふん、私は彼に来て火に油を注ぐ!」。」「」。
孙小圣わざに3人が「あなたはすぐに傘を用意して、私の命令を雨とか。」
「よくない」、また「庶民に走り、山火事が広がり、越焼きほど凶とか!」
三姉妹は遠観の火を1しわ。はまた南山漂ってきてから煙をつかんだのをかいました、嗅ぐ:“どのようには株の油の味?」彼女はすぐ変わった顔:「孙小圣、あなたと私のためにいたずらをしたが、よくも、悪い!」
かんかんになって精巧な三姉妹抽出双剣スー!スー!」二つの切っ先が迫って孙小圣――

北斗医経(六)

「私は帰りました。足が、私は古い本職にして、今後もどうぞ手伝って二位を守って、私は商売繁盛。手に成功。」小聖疑感道:“あなたは一体何の商売ですか?」が話しているほか、廟を唱える人が「二位土地爺、ゆっくり食べて鶏!」ぜんそく口に駆けてきた一人の農婦が彼女をつかまえる王二、神像前に訴える「あなたこの人賊の中断足が生えて、今また足を盗んで、私の鶏!」まさかこんなない王二のように。しないことを盗んだ鶏、本当に行く人。幸いにも恥か……神像のパッケージ。
あの農婦接者泣きつく道:「二位土地爺腕大。まだ私の代わりにニワトリをが生きましょう、私はそれらの卵で両替だろう。」
小聖と小さいがまた馬鹿になって、焼いた鶏が卵を産み出して、これは困りますよ。
農婦しばらく待つと、見えない話題は怒って起き上がり、罵倒土地爺:「ふん、あなた達と賊骨のように、ただあなたありがとう!私を隣に小さな狐仙。」
農婦2匹のチキンといえば、ぷんぷん怒るに歩いた。
もう会い廟は他にいない。小さいから聖と小さい神像のパッケージにはねのけて。
精巧な三姉妹がどのようにこの2匹のチキン、小兄弟二人が知りたい。
小聖「私たちは変わって、隣を見て。」すると小さい聖にになって、小さい編コウモリ雀に飛んで入って、そっと玲瓏祠、止まって屋梁上から見る。
もう農婦そうに手をたたいて、両手はチキンは地の上で回転して輪踊り、
「でも」と思っても農婦満たさないで、またに精巧な三姉妹の像を拝んで「鶏に毛はないみっともなくて、最高の・・・・・・1
像に発話「二つ毛箒を探して。」
農婦が飛び出し、しばらくしてまた走って戻ってきて「毛箒を探して来て。」
像には「が指示で散々引き出し鶏塵払い。」
「もし吸って死んだ?」農婦が心配だが、どう考えても、大丈夫、どうせ三姉妹が更に生き返ら。
そこで農婦思いきって、抡起はたき、鶏の足の上に「ちょい」というのはちょっと。
その鶏絶叫して飛び出して。改めて見るとされた、あれ、殴打鶏の体の上がいっぱい生えて羽根!
屋梁にになって、雀の小さいことにになってそっと編蝸牛の小さな聖「あやしい、このトリックがどう変わったのか?」
小聖「見えなかったの?はたきの羽は長くもも肉を上がった。」
スー!スー!スー!」農婦より起勁を振り回して子から羽。しばらくすると、二つのはたき部になった独身で、2匹の毛の鶏はもうない羽根豊満、わざました。

北斗医経(五)

王二種類の足に
小聖言いつけ王二:これで穴を掘ってをシャベル。」
王二シャベル、困って「私のこの行をしなかった、こいつ。それに、私は足がない・・・・・・」
小聖「ないのなら足たいな穴を掘る。」「あの、私を、私を掘る。」小さな穴を掘った王二。小聖不満が「もっと深く掘りいくつか!」王二また上を掘り下げしかないですが、そして、「今回はいいのでしょう?」
聞くだけ小さい聖「王二、あなたはすぐに登って入って穴の中で、自分を埋めて。」
「何?!」王二思わず叫んだと、「これは何だろうと私と、木を植えるように?」塑像がちゃん二人の笑い声で木を植え、足は種!」王二ぐずぐずしている自分を埋めて、頭だけ出して。聞くだけ二人の小さい土地爺どっと念道:
長くないサツマイモ、サツマイモ、
生え両足がよい歩き出す。
王二に叫びます:“足根が張ってあるように発熱し、2つの虎外に登る!」
聞いても念道:
長くない生姜、大根、
二匹の足が生えて歩きやすい。
あの王二三2の下をほこりスーと穴の外から――彼も踊ることができて、彼は足とか!
彼はその杖は王二を担いで外へ走って、走りながら振り返る挨拶:「私を送ってすぐ鶏」
まもなく、王二帰ってきて、頭上の大皿、お皿に置いて二匹のチキン。
王二脆下:“これは私の杖鶏で焼いて、二位土地爺を食べてみてください。」
鶏が焼けて熱い、香り直朝神像にドリル。
小能便言いつけ王二:“あなたは帰りましょう、私達はおいしい鶏。」。」王二はチキン供桌に置いて、またいくつかの頭を打つ。