北斗医経(四)

ようやく読んで読む、すべてに精通している。小聖と小さいことをみんなで医経治療した。
この日の朝、聖と小さいが入った塑像を作って、準備のオフィスを聞くだけで「篤、篤、篤、篤」やしろの門の松葉杖をついて外来の身体障害者、彼の足を無くしてしまった。
障害者に伏せ神像前から祈り:「土地の神、しくしく私王二だろう。私の2足、私はあなたに1羽のニワトリ。」
像に隠れの豚小が考えました、王二は「鶏に。」
王二会って土地爺発話、驚きかつ喜び、すぐ二つ返事で承諾する:「行、両手は二匹」
狭くて言います:“あなたは足がありますか?してあげたい法子、焦らないで。」
どうして「焦らないで」。もとは、まる1部の『北斗医経』は、すべて小さいがすらすらと暗唱できるが、一気には思い出せない治足のコツはどの1段ました。
仕方がない、心の中で暗記しかないから「北斗医経』は、このように、どのみち1段の背中が治足。
医経一段はCG流し目の、続いて治赤い鼻、治口を歪める、治「登る牙」、治風当たり耳・・・・・・
可王二待ちかねた:「土地爺といい話題になりましたか。私はただ2本の足が、2つだけでいい。しかもあなたはただ私は病気を治して、私は鶏がしかし正真正銘の「九斤黄」、肥えて流油だろう。」
「あなたが怒ったのか小さいくどい」、「あなたが知っているだけだとしても足が、やすいのでしょうか?私はあなたのために勉強するか」
王二小がこううなり、びっくりして直ぬかずく。小平で気を経た続けたい、また忘れたのはもう覚えてどこまでとか、王二乱しからやり直す準備。
小聖はとっくに見かねたと言う:“私は来るだろう。」すぐにコツ念から呪文を聞くだけで」と声を
どこから飛来鍬を、まっすぐに挿し王二の前に!

北斗医経(二)

北斗いたずら好きな小聖と小帯を後花園を指してひとつの大きい靑石は言います:“私の医経書いてこの石に。」
小聖と小さいがいそいそと医経。先に見靑石正面、また裏、最後まで上げ石の下にも見ていた。やっと彼らは失望を叫びます:“この上で一つの字もないよ!」
いたずら好きな解釈は、「昼間見ない、夜になって北斗に飛びついた時、石の上の字が見えてくる。」
小は言うことができる:「最高紙に書いて、勉強するのに便利です。」
いたずら好きな話:「あれはあなた達を1以上経文抄録。」
小聖はいらいらして「こんなにたくさんの字、抄いつまで!いたずら好きなもし借りることを承知し、いっそ私達に担ぎ帰りましょう。」
いたずら好きな笑道:“お前らが重くなる担ぎ帰りましょう」
「ありがとう、いたずら好きな!」といたずら好きな鉄棒に、ロープ、二人を上げてーちゃんの巨石「オーエスよいしょ」てしるし、戻っては。
道が遠い無軽担、汗を担ぐ。まもなく、挨拶だけ聞き「やあ、君たちが石がなにをするか?」
見ると、本来は李天王ここから通る。
小が正直、脱口は答えます:“これは私たちに借りた『北斗医経』。」
李天王前回龍門カンニング、小聖と小さいが明るみには、これまでの逆恨み。
彼は機会に乗じてーちゃんと二人で翻弄され、首を振って「これからは重い石。」
狭くて降参しない:「重くはないですか?お試し!」と言って肩から下ろす鉄棒に渡して李天王。
「いつも私よりの宝塔軽すぎたでしょう」口を尖らせながら李天王味ながら、手に動作しないふりをする暗い――ふんばって、鉄棒の頭を失って、「ごろごろ!」巨石に転落乱石坂。
「はは、一時的に失败し、一時的に失败:李天王」を頼んで宝塔でていってしまいました。
本当にまずくて、乱石坂の上でも石、わからないどの石は『北斗医経》した。
小聖と小さいがひとしきり乱探しましたが、結果がない、小さな聖言います:“もういい、先に帰って、夜にまた出など星探しましょう。」

北斗医経(一)

数日後、精巧な祠をした。小聖と感じられるにはとても寂しい。二人を見てやしろの門、精巧な祠のほかにぎやかで、男女の参拝者が行列して朝裏込む。
「どうしてもあっちへ行きましたか?」聖は小さい。
「たぶん小さいため我長よりきれいでしょうね。」小話せる。
「行ってみ。」
彼らはまた変わった姿を、そっと紛れ込んで精巧な祠。
精巧な三姉妹の像として中間、光る。
参拝者たちに頭を祈って、すぐ有効——君が低いすぐ、太った妻になって、首が曲がっている不偏不党、どもり子出語と・・・・・・
参拝者が代わったいくつかまたいくつか見ることができて、豚小はまた気恥ずかしい。
小聖は、「彼女が戦いを少し医術、たいしたことはないの!」
小は言うことができる:「私たちが彼女より、みんなには来た。」
小聖目玉に回すと、すでにあったアイデア:「学ぶ医術難しくない。聞いた北斗いたずら好きな一部「北斗医経》を見て、私に借りた。」
はーちゃんと二人歩いて、運転起群雲、ダイレクト北方で行く。
北斗七星のように長い柄スプーン。いたずら好きな時にスプーンで北斗住んでいたり、ひしゃくの柄に住んでいて、とても探しにくい。
小聖と小さいが七星を探して、やっと見いたずら好きな。
「いたずら好きな、聖恭恭敬敬行礼を、「借りたいあなたの医経は読んで、でも人の病気を治すことですね。」
いたずら好きなやって笑って、「それはいいが、おそらくあなたの携帯に不便である。」
子供が「この本はたくさんの本ですか」

こぶと麻子(二)

小聖と夕日、心の中がだるい。また顔に点々の女性、壁脆下:「好意の球を求めてあなたが私の醤油あばたはずしましょう。」
今回、3人の声が上から伝わって来た:“私はここです。」
みんなが見上げると、見三姉妹は高く舞い上がっ屋梁に頼み込むの女性は笑いながら尋ねる:「あなたは恐らく汚いです?」
女性の保証は「取り除ける麻子さえすれば、私は何も怖くない!」
3人の梁にそっとつかんだから何をしてから、あの女性は。

梁上有何ですか?お前は何百年香烛スモーク燃やすの油煙のほこりと垢。
その女性が仰向けに顔を恵み、急にたくさんの黒灰飛ぶの下で、彼女は「うん」と言って、間に合わないから、糊がしょっちゅう顔を、目を開けていられない。
彼女は泣いて脱出やしろの門、川に向かって走っていく。泣きながら罵:「くそ小狐仙玩弄私!」
彼女は顔を待って川汚れをきれいに洗って、川面に映った彼女の面影。――あれ?彼女にして、顔のあばた全部なくなった!
精巧な三姉妹は本当に通力景観。
翌日、庶民たちはには工事が始まると、造って1基の精巧な祠。