塑像(五)—塑像ができた

おばあさんは起こし:「ですよ、この2つの神像の目玉も動くから、きっと効き目がある。私は祈り祈り——2位の小さい土地うちのおやじ爺、祝福を祝福しましょう、彼は脳卒中全身が動けない弾」。

狭くて思わず愚痴を当て、「自分たちも動きがとれないとか。という言葉があるという「泥菩萨た江――白身、私達のでなくて」体にぴったりだ。」

私はおばあさんがにこにこと笑って、放っておいて杖、手を伸ばして顔に溝溝坎坎皺が平らで「小聖と小さいがすぐ馬鹿目:元おばあさんは小狐仙が!

あの玲瓏三姉妹二人を指してーちゃんに笑って、「あなた達はできない保佑私私に来てあなたしかないよ。」

3人の先まで豚小が前に、彼に対して吐いて口調。狭くてすぐ皮膚のかゆみと感じて、全身が「ぱちぱちと。そして三姉妹は手伝っている小さいそれをした泥の殻を脱いで。そして、小さい聖もてきた泥販売。

二人並んでーちゃんのぞくて神棚に副泥の殻、ほど見ほど覚てわざと恩。三組「どうですか?みたい?」

小聖と小さいが認めざるを得ない「のようだね。」

塑像(四)—珑玲三姉

小聖が急いで緊迫に重い:「私達に教えて、あなたは誰ですか?」

外には、「――――三姉珑玲――――」

二人は晴れ暗叫葺くちゃん:その小狐仙!

しかも彼らが発見され、身にこの層泥土襄、動こうにも動くられないよ。首の酸、お尻も痛くなっても、より保険その真っ直ぐな姿勢を持つ。

「悪い、小狐仙の魔法よ!」

小聖と小さいができないままでもがいて、からまで煮て二よりもっと、真夜中まで・・・・・・︰一晩まで煮て、赤い日初升。

小聖叫ぶ:“はい、全身骨痛!」

小さいことは:「小便をするととても苦しくて!

やしろの門が鳴ると、一人のおばあさんについていて、杖、歩いて頭を振る。

彼女は歩いて2基の神の前に、目を眺めてみぃひとしきり、独り言つぶやき道:“ぱん、土地爺若返り!——いや、あの土地おばあさんは突然かは男の子ですか?よ、準老二口享清福を行く、孫二人て頂彼らのクラス。」

小聖、小が悪いしゃべれ、心のつぶやきは「このおばあさんは本当に会略琢磨。」

塑像(三)—狐仙少女

2人は突然聞いて気落ちして、窓の外の人:「にこにこ笑い声!バカ!」真夜中。このような笑い声が本当に人を大いに驚く。

そして、「きょう」の音がして、大切なやしろの門はゆっくりと、ゆっくりと自動的に開く直後、純純白い少女の赤いスカートを歩いた入って来て。

小聖に聞きます:“あなたは笑っているの?」

狐仙少女

狐仙少女

少女は「まさかあなた達のこのような愚か問い返し様子がおかしくないですか?」

狭くて降参しない「自分の能力がある人が笑うことができる」

「そうよ。-少女は言う、「能力がない人が笑う!——ほら私でしょう。」

少女が手を、どこからか飛んで来銀盆。空っぽの銀盆にはまた水をぶちまける、水浇の泥の上でできない、と“泥土。

少女を指して神棚言いつけ小聖と小さいが、「上に座って!」

小聖と小さいが座って土地が元夫と土地のおばあさんに座ってたところ。見てこの子と遊んで何模様。「だめだ、座るが、まっすぐに!」

二人の男の子は我慢するしかないのも。

少女は両手で黒髪をばっさりと掴む泥土。根拠がない糊までに男の子たちの顔、体に。「あなたは何をしますか?汚れた服、お父さんと罵るの小さい聖と!」狭くて叫ぶ。

「動くな!」の少女を焦らずに続けて糊泥、「君たちに全身糊でなど、泥やったように、服を脱いで脱いでは2座にこしたの像。」

小聖と小さいしか動けないことに座って、あの女に任せて子供は全身泥糊いっぱい、最後に目や鼻の穴だけ出して。

「いい」、少女は銀盆に手を洗って、歩きながら話して、「あなたたち根気強く時ゆっくり待ちましょう。」その眩しい赤いスカートを外に出ると、見えなくなった。

塑像(二)—塑像を作る

小聖

小聖

小聖「私に似て?」

小能を見ることができた何度も何度も。

小聖いささか得意ました:“まさか私の像のように見る。」

「ない」と言って、私はよく探して。どの部位のプラスチックのが一番像。――はい、やっと見つけた。」

「あなたと言えて、どこが一番似ていますか?」

「帽子の最も似て。」かく、これが小さい聖落胆した。

小能見小聖たまらなくて、慰めて彼が「そう、あなたはやはりて私のプラスチックのようにしましょう、かもしれないとあなたのプラスチック俅ように悪くて、あなたもこの悲しみも。」

聞いて小さいという、小圣点うなずいて、鑑賞できる像小」。――よ、本当に小さいできる手芸も何よりも小さい聖高明。

小聖考えて、「塑は似ていないかもしれないが、自分は

見えない自分の姿。こうしましょう、今君の代わりにプラスチック、あなたは私のために

プラスチック、面と向かって口の鼻目が細くて、間違いない。」

そして二人はそれぞれの位置を交換した、面と向かって再干て。しかし、突然かやったのか、左弄右いじりに深くまで夜。やはり違い!知っていても握る泥のが容易ではない。

塑像(一)—赴任

その土地孙小圣と副土地爺爺豚小さいが、来て土廟に正式に赴任する。やしろの門に入った正面種見た土地土地じいさんとおばあさんゴムの成形。

小聖「老土地爺は歩いて、私たちも、新しい土地爺つのプラスチックゴムですね。」

小さいがとても賛成して、しかし問題がまた来た:「準に代わってくださいね干事ですか?」「私たち白己はなに?」

小能

小能

ええ、指先で泥人形を作るだれ?面白いね。

小聖、小能が土地をじいさんとおばあさんが土地をこの2基の泥像をプッシュして一緒に丸め泥、直こねから二度とどっちは分からない土地のおばあさん、どっちは土地舅、やっとこの大泥球分作真っ二つ。

子供が小さい聖は言います「私は君より太くて、像を大きくし、だからあなたも私に分けて泥。」小聖言う:“よし。」自分の中で大きな泥团締め付けられるブロックから子供が。

そこで二人から各干各。忙しくして、2基の泥のようなピンチになった。

正副土地爺(五)—副土地爺の設定

八戒奪い取って言います:“はっきりと4人で一緒に就任。省よろしきを得ているお父さんのとても気にかかる。」悟空「陛下はもう1度に加えられまし、当第二副土地土地爺、第三副。」

玉の帝は迷っている

その頭を揺れて太白金星とでんでん太鼓のように「聞いていないた、聞いたことない!」

玉の帝は迷っていると、孙小圣と豚小能が口獗て高い。

「お父さんと一緒にしないでください」と小聖。

「管頭管足の、嫌いだ!」小話せる。二つのお父さんは本当に悲しみ。そこで玉の帝は「天から、地下で、どこが新官に就任持ってお父さんの?小は、収容できない4大菩薩。も人を恐れずジョーク!」

仕方がない、悟空と八戒を断念するしかないなりたい第二副土地土地の爺爺、第三副の念。

息子に送ってまで送っ南天門。千丁寧、万の指示:「児よ、お父さんに頼まれる飛脚君たちに届けて新鮮な水果。」

「お父さん、凡そかぐも果物。」

「しかしあなた達は食べ慣れました」「出会った妖怪ですね、早く走って家に帰って、お父さんはあなたに代わって行く打つ。」

「お父さん、あなたは本当にくどい、本当にくどい!」

正副土地爺(四)—精巧な狐仙三姉

小聖まだ間に合って答えを聞いて、穴の中に響くひとしきり笑って、女の子の声は笑いながら「あなたたちは自分の腕がいい大ましたか?」

土地をそっと教えて爺はーちゃんは、「小さな狐仙、精巧な三姉妹という。」

にーちゃんは怒って、「何か三姉妹は、大胆に冗談!信じないなど見てい」

「よし、見てい!」女の子の声は外立ち上る。

小聖と小能が急いで穴を出る、雲に駕する直でピーク殿。その土地爺こういうことを承認の玉の帝。

小さい玉帝聞いて聖と小能が1番を語ると、「この2つの小さな奴模様が多い。しかし、彼らはより田を天上ではよく私に面倒を過ごすより、天下り、彼らに従って突然か騒ぎ。」「いい話、朕は助けてあなた、速く出発赴任しましょう。」

「どうも陛下!」にーちゃんはそうに飛び上がった。だが……」で太白金星がちょっと問題、「押すルールは、1つの地方が1位しかない土地爺よ。」

玉の帝は手を振って:「まあ、今回は破際立つが、封を孙小圣その土地の神、豚小は副土地爺。」「などなど、などなど!」うわさを聞いたのは孫悟空と豚八戒。「万歳」急いで求め悟空「いっそ異例破いったい。「玉の帝」「何の意味ですか?」

正副土地爺(三)—土地爺をみつけた

土地爺をみつけた

小聖と聞くことができる耶おやじ:「あなたは狐仙ですか?」

おじいさんは言います:“私は我我、私は捕らえた土

に爺。さっき飛び込んで帽子を、あなたのでしょうか?」

小聖を帽子着用。彼は怪しいと思って:「土地爺は保護庶民の、どう自分さえ保護がいけないの?」

土地の爺はため息をついた:「あの狐仙腕あまりよ。彼女は私に明け渡しは承諾して、私を放して。考えてみると、仕方なく承知し彼女はとか。」狭くてふんする、「情けない!」

土地爺

「ふん何ですか?」土地爺の口調で、「お前が闘うの彼女なのか?更によると、一人で土地爺もあまりいい、千家に来て、万家来を求めて、うるさいあなたになってみない手紙とか。」

小聖「能力がない人は能力がないなら!私たちはもともと論点がお前を助けて、しかしあなたがふがいない、更にあなたを置いて、土地お寺でも、ただ耳耳、人に白なりましたかロング!」

子供が小さい聖と相談し、「もし、二人に土地爺、きっとていくらかがらしい。」

正副土地爺(二)—山穴に入る

43a7d933c895d1438d581b0f72f082025aaf07eb

   「早く!」小聖跳び、小さいが、「帽子について!二人はーちゃんを離れて、変な風の後ろ。荒野を追い詰め、帽子が飛んできた深い穴。朝裏を眺めると、真っ暗の。小さくて聞くことができる小聖「入れですか?」

    小聖が「何を恐れて、進!」そこで、小聖は前に、小さなことができる後、氷にさわって冷たい石壁穴に入って、歩くほど涼しくて、歩くほど黒。小さくて聞くことができる小聖「あなたの目はまだ開いている?」

小聖「もちろん開いている、あなたと私は寝ましたか?」

「いや、私は言って、どうせ何も見えない、何も疲れ目て、私はそれを閉じました。」

小さな小さな聖と言っても理にかなって「でも、目派ではないまた、耳で聞くことができるかもしれないで、穴の中に何か話題。」子供が「らしい声。私は叫ぶ――洞の中でありますか?」すぐに答えがある人が、「――――!」

11

小聖疑道:“ただ恐らくエコーか、聞かない。今回は

私が聞いて、私は聞きます:“穴の中でない人?」もしこだま、すは、「――――’ない人「

すると小聖大きな声で、「ホールに人人がない」

答えは「ある人が―――1」

「えっ、本当のある人だ!」続けて前に二人を模索しーちゃん。まもなく、見る光

たが、黄の弱々しい二少し、瞬き、これは人の目。燈光で、小さい聖夕日小さい、小さいことにも見える小さな聖、またぼんやりと見た人:光を発する

長いヒゲ、髪は一本もないおやじ。

正副土地爺(一) — 告示

豚八戒

—座は前、田のたくさんの人が。孙小圣と豚小能が雲に駕する過去に、思わず見てにぎやか。あの二人は降る群雲。割り込む人、お寺を見に埔帖は一枚のお知らせ示す。

小能は言うことができる「よ、張行方不明者の告示。」

小聖「行方不明者は、神ではない。」

告示に書いて――

     土地を探して爺

     本の廟の土地

     風に吹き飛ばされて

     拝める神々

     手伝いを探して

                      土地のおばあちゃん

見て告示の人々は騒がしい

「本当に新鮮な、土地爺の骨はそんなに軽い、風に吹かれて

ましたか?」

「たぶんおばあさんと土地かくれんぼでしょう?」

みんなが笑って、急に風に吹かれて、壁の告示「ブラシ」に掲げる歩いた!

その直後、ぽっとに置き換え、もう一枚の告示——

     警告土地おばあちゃん

     土地は私をつかむ

     我本領大

     明け渡しは

     あなたの家族を保つ

                      精巧な三姉妹

「この狐仙こんなに強がる、私が彼女のためにいくつかの字を変え。」孙小聖と言って、取り出して太白金星をそのペンは、はるかに訴えるの通り何絵絵。この告示に変えて――

警告の精巧な三姉妹

     土地を君を捕らえる

     寝返る仙口ぶり大

     放出土地爺

     あなたの家族を保つ

                                                                             ——孙小圣

豚小能

豚小能がとても感心します「改がうまい!」

小聖「べき発言を土地義父?」

「はい」

「二人の腕で、対処は我まま――」

小聖話がまだ終わらないから、怪風。急に彼の帽子を-空中まで巻。この帽子は急がないとゆっくり転三輪、朝東に向かっていて南方。